災害などの緊急時に役に立つウォーターサーバー

ウォーターサーバーを契約すると水のボトルがいつもある

ウォーターサーバーを利用するときにはサーバー本体をレンタルして、ボトル入りの水を定期的に購入するのが一般的です。いつもたくさんの水がボトルに入った状態で自宅に保管されている状況があるので、災害が発生してしまったときのような緊急時でも安心できます。水道が止まってしまって水が蛇口から一切出てこない状況になってしまったら困るでしょう。断水がおこなわれて水が使えない時間帯ができることもあります。このようなときにも水のボトルがあればいつでも水を飲んだり、コーヒーやお茶をいれたり、料理に使ったりすることが可能です。安心していられるように災害対策としてウォーターサーバーを契約するのは賢い方法だと言えるでしょう。

電気がなくても大丈夫

レンタルするウォーターサーバーはほとんどが電気を必要とします。ウォーターサーバーに水のボトルを取り付けて、スイッチやレバーを操作することによって水がボトルから出てくるというのが仕組みです。断水になって水道水を使えないだけで、電気は使えるという状況ならウォーターサーバーも使えます。しかし、電気も止まってしまったらウォーターサーバーがあっても水を使えないのではないかと不安になる人もいるでしょう。しかし、ボトルの中に入っている水はウォーターサーバーがなければ出せないわけではありません。ふたを開けて出すこともできるので、電気が止まったとしてもボトルの水を使用できます。災害対策として優れている常備品になるのです。

ガロンボトルに入った宅配水は備蓄水としての機能も果たすため、災害対策の観点から定期契約する家庭も増加しています。