ウォーターサーバーの契約内容は要チェック!最低契約期間と解約金について

毎月の基本料金が安い業者は長期契約が必須となるところもある

ウォーターサーバーを新しく利用するにあたっては、ホームページやパンフレットなどを参考にして、それぞれの業者の契約プランについて理解したうえで手続きをとることが何よりも大切です。特に、最低契約期間については、各業者の方針やプランの種類によって違ってくることから、費用を無駄にしないために、信頼のおける業者の担当者の説明を聞きながらじっくりと契約内容を確認しましょう。 一般的に、毎月のウォーターサーバーの基本料金が安く設定されている業者の中には、最低契約期間が半年や一年など長く設定されているところが珍しくありません。そこで、長期的にウォーターサーバーを利用するかどうか迷っている人は、詳しい契約期間について担当者に質問をしたり、可能であれば短期間の契約ができるよう交渉をしたりするのがおすすめです。

高性能のウォーターサーバーは多額の解約手数料が掛かることも

家庭向けの高性能のウォーターサーバーは、使い勝手がよく初心者でも扱いやすいものが目立ちますが、解約の時期によっては多額の手数料が掛かることもあるため注意が必要です。たとえば、国内で発売されたばかりの高性能のコンパクトなウォーターサーバーについては、従来の製品と比較して解約手数料が高くなる傾向が見られるため、将来のリスクを考慮しながら契約を結ぶことが重要です。また、解約手数料が発生しないようにするには、友人紹介などのキャンペーンを利用したり、古いタイプのウォーターサーバーを選んだりする方法があります。その他、解約手数料に関するトラブルを防ぐうえで、契約後に掛かる費用について自分で把握をしておくことが大切です。

ウォーターサーバーは温度設定できるものがありますので、ウォーターサーバーを赤ちゃんのミルクを作るために使用することもできます。